*

仕事

チャンスをモノにする

やっとエントリーする時という場面では、一番に事前対策を横着してはいけません。

売買を始める前であったならば、その物を合理的に見ることが出来ます。

 

だがしかし、ひとたび市場の内部へ踏み込んでしまうと、どうしても見え方が偏ったものになってしまい、時としてちゃんとした状況がわからなくなる不安があります。

 

そのために自身のメンタルが理性的な時に、しっかりと準備をしておくことが重要です。

 

その"準備"のためにははじめは自分の脚本を作成する事から開始します。

 

この先の投資状況はああだから、豪ドルを取引するみたいに、自らの台本を書いていきます。

 

次に大切なのはローソク足チャートを確認しましょう。

 

それ以前のマーケットの推移を確認して今の相場を確認します。

そうすると、「今は結構行き過ぎた段階だ」など、「今となっては多くの人々が買い(あるいは売り)に動いているからこの後大急ぎでしかけてももはや遅いな」などと納得できます。

 

もはや売買するのが間に合わないなと思っていたら、手を出さないで、その状況ではすっぱりと吹っ切ることが重要です。

 

どうあがいてもあなたなりの筋書きを押し通そうとして、強引に取引すると外国為替相場に跳ね返されてそれどころか損失を被ることになるリスクがあります。

 

とは言うものの大体のケースで、準備が出来ている自分なりの物語を書いていればエントリーが遅いなという場面にはなりません。

 

具体的に為替相場が動意する前の状況のはずだからです。

 

続いては、当面はとろうと決めている外貨ポジションの変動を、正確に確認する事が重要です。

 

仮定として円安が進むだろうという台本を作ったのであれば、ドル円の変化に気をつけておきます。

 

マーケットの上下動を確認し始めた場面ではドル円ははっきりと推移する気配を見せることはなくわずかな変化を繰り返しているだけでしょう。

 

ところが、その変動を正確に注目していると、あるポイントでゆっくりと、円安の方向へと相場が動き始めてくる。

このチャンスで、ドル買いの注文をします。

 

これだけ慎重に準備をやっておけば、その売買で儲ける割合は比較的高まるはずだ。

でかいティートーク


ニュース

不動産

ネット