*

社会

再生期間

民事再生による解決は住宅のローンがある複数ある債務に苦しむ債務者を救済するためにマイホームを手放さずに金銭管理の面で立ち直るために法的な機関による謝金の整理の道として2000年11月にスタートしたルールです。

 

民事再生は、破産宣告とは異なり免責不許可となる条件はないために、ギャンブルなどで借金したような場合でも民事再生手続きは問題ないですし、破産申請により業務禁止になってしまう業種で給与を得ているような場合でも民事再生は検討可能です。

 

自己破産では、住んでいる家を手元に残すことは不可能ですし、その他の選択肢では、元金自体は返していかなければなりませんので、住宅ローンなどを含めて返済を続けるのは現実として難しくなるでしょう。

 

しかしながら、民事再生という処理を採用できれば、住宅のローンを除く借金についてはけっこうな負債を減らすことも可能ですので十分にマンション等のローンを払いながら残りのローンを返していくようなことができるということになります。

 

ただし、民事再生という選択肢は任意整理と特定調停などと違って特定の借り入れだけを切り取って手続きすることは許されませんし破産申告のように負債それ自体消えるのでもありません。

 

さらには、そのほかの解決策と比べて手順がこみいっていて手間が必要ですので、住宅ローン等があり住居を手放したくない時などを除いて、破産申告のようなその他の整理ができない際における限定された解決方法とみなした方がいいでしょう。

 


ココぞという時は

現実にパソコンのディスプレイの前に座りリアルタイムで変動している為替レートを見てしまうとすぐに注文をしなければならないという衝動に駆られる状況も少なくないと思います。

 

でも、不明瞭な勘で売り買いをするのは、決してしてはいけません。

 

分かっていると思いますが、相場は終日、いかなる時でもどこかの国の市場が変動しているしマーケットも上がったり下がったりします。

 

だからといって、頻繁に取引を積んでいくと、その分だけ損をする危険が高くなってしまいます。

 

当然の事ながら、売り買いの回数を増やすことによって、結果的に勝利する確率が半々になります。

 

でもこの事実は「ぼんやりとした勘でエントリー」とは話が異なります。

 

取引回数を重ねるとは、自ら「ここだ!」と思いついたチャンスを持った状態での注文回数を増やすという事を言っています。

 

何となく、休む間もなく売り買いを積むのとは明らかに違います。

 

為替相場の勝負に勝利するためには、白分でよく考えてメリハリをつけることが大切です。

 

「ここは勝てる」と感じたマーケットの時には思い切ってポジションを買い増して、徹底的に利益を追求します。

 

「分かりにくい外国為替市場でどうなるか理解できないな」と感じた時は潔く所有ポジションを諦めて何もせず静観します。

 

このぐらいのメリハリがあったほうか最終的に注文はうまくいくものだ。

 

市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

 

本当にその通りです。

 

為替取引とは売買ポジションを所持する事がすべてではなく、どの売買ポジションも保有せずじっと見ていることも状況によっては外国為替相場です。

 

そうであるならば、どういった時に休めばいいのでしょうか。

 

ひとつめは、先述の通り、現在の為替相場が今ひとつよく見えない時。

 

現状からどちらにいくのか決断できない時は間違って判断すると、自分自身の作り上げたシナリオとは逆の方向に外国為替相場が向ってしまい損失を被ることになる。

 

そのため、こうしたケースではポジションを閉じそのままの状態で様子をみるのが最良の選択です。

 

ふたつめは、己の体の調子がすぐれない時。

 

体の状態と相場に影響ないと感じる投資家もいますが思いのほか影響を与えます。

 

体の状態が悪い時は、外国為替相場の大切な場面で、落ち着いた決断を下すことができなくなります。

 

やる気がわかない時はマーケットから距離を置くことも大事な事です。

 


テスト

テスト記事です。


ニュース

不動産

ネット