美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ハイドロキノン(はいどろきのん)

ハイドロキノンとは、シミの原因にもなるメラニン色素を抑える働きのある成分の事を言います。

美白効果がとても高い上、シミを薄くする効果があり、美白に優れている事から「肌の漂白剤」とも言われています。

美白と言うと、響きは良いのですが、ハイドロキノンはとても強い成分ですので、使用量を誤ると、漂白剤と言われている通り、部分的に色が脱色してしまう白斑が出来てしまう事もあります。

肌の弱い人が使用して、アレルギーや皮膚の炎症を引き起こしてしまったという事例もあります。このようにハイドロキノンは、とても副作用が出やすい成分の為、日本では、厚生省が昭和32年、化粧品へのハイドロキノンの配合を禁止しました。

その為、高濃度のハイドロキノンは医薬品として、皮膚科や美容整形などの医療機関のみで使用され、一般の薬局やドラックストアなどでは取り扱う事はなく、医師のみに処方が許された薬でした。

しかし最近では、日本の薬事法の改正から、ハイドロキノンを化粧品に使用することが認められました。美白効果を目的とした化粧品にハイドロキノンが配合されるようになり、誰でも使用する事が出来るようになりました。

ハイドロキノンは、適切な使い方をして初めて美白としての効果が表れます。最近では、高濃度のハイドロキノンを求めて、個人輸入をする人も増えていますが、個人輸入の場合、利用者はハイドロキノンの事をよく理解しないまま、美白効果という言葉につられ使用している事が多いそうです。

その結果、副作用に悩まされるといった事が起きてしまいます。専門医の適切な指示もなく、ハイドロキノンを使用するのはとても危険な事です。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.