美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

合併症(がっぺいしょう)

合併症とはもともとある病気が原因となって併発する病気や症状のことと、治療や検査によって不可避に生じてしまう病気や症状のことを指します。

美容整形における合併症とは、審美的な側面から治療を行うためもともとある病気が原因ではなく、整形という治療の行為に伴って起こる病気や症状のことをいいます。

しかし、ここでよく間違われるのは、医療ミスとは異なるということです。医師や看護師の手技のミス、薬剤の誤投与などによって起こるものではなく、最大限の注意を払って最善の施術を実施しても起こってしまう場合の事をいいます。どんな小さな施術であっても起こりうる可能性はあります。

具体的には手術を行った部位が硬くなる硬結や、皮膚の下に血が溜まってしまう、感染、壊死などがあります。これはあくまでも一例でしかありません。それぞれの施術の方法によっては沢山の合併症のおそれがあります。その時の身体の状況や、環境、体調など原因が複雑に関係して起こります。また歴史の浅い手術や施術では、決して合併症が少なくありません。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.