美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

にきびの治療(にきびのちりょう)

美容整形では顔などに残ったにきび痕の治療を行います。クリニックによってはにきびに対する専門外来を設けているところもあります。

にきびが発生した直後の治療も含め、にきびをくり返した炎症の後に起こる色素沈着やクレーターと呼ばれる皮膚の凸凹の部分の治療を行うこともできます。特に顔に発生する広範囲のにきびやにきび痕のクレーターは強いコンプレックスになりやすいものでもあり、誰でも一度は悩んだことがあると思います。

にきび発生直後の急性期の治療としては抗生剤の服用や外用薬の塗布など、皮膚科で行われる治療と大きな違いはありません。にきび痕に対して行われる治療は、レーザーや光機器、高周波などを直接皮膚に照射する方法や、ケミカルピーリングがあります。

これらはくり返す事で肌を活性化させ、コラーゲンの生成を促し本来の皮膚の再生機能を利用して改善させるという方法で行われます。またヒアルロン酸を直接皮膚に注射してクレーターなどの皮膚の凹凸を一時的に平坦にするという方法もあります。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.