美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングの日本語訳はケミカル(化学物質)ピーリング(皮をむく、はがす)という意味になります。字の通り化学物質を使用して皮を剥がすということです。グリチル酸やサリチル酸といった薬剤を皮膚に塗り、酸の力で古くなった角質層を剥がすという方法です。

イメージは酸によって角質が溶け出していきそうですが、溶けるのではなく剥がれ落ちるというほうが近いです。

酸と聞くとお肌にとても悪そうな感じがしますが、専門医の元で行われるピーリングはph(ペーハー)や薬剤の濃度、薬剤の種類を細かく分析し個々に合わせて行われるので、皮膚を傷つけるということはありません。

古くなった角質層が剥がれ新陳代謝が促進され、皮膚の再生機能が活発になります。本来持っていた皮膚の機能を取り戻す効果があります。

具体的にはにきびやにきび痕、美白・美肌効果、くすみや薄い色素沈着に有効であるとされています。また最近では化学物質を使わないアミノ酸ピーリングなどもあります。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.