美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ワキガ治療

美容整形で行われているワキガ治療には沢山の方法があります。皮下組織の治療法、超音波法、切除法、剪除法、レーザー、電気、ボトックス注射による方法など数多くの治療法があります。クリニックや医師によって得意としているものが異なるため、金額や効果を比較して選択していく必要があります。

皮下組織の治療法とは、脇の皮膚に穴を開けてチューブを使いアポクリン腺や汗腺、皮脂腺を吸い取る方法と、同じように穴を開けてスプーンのようなもので掻き出す方法があります。どちらも傷口が小さく済みますが、掻き出す方法では再発のリスクが高いとされています。

超音波法では脇の皮膚に小さい穴を開けて独自の機械を差込み、超音波を当てて臭いの元を破壊する方法です。この場合は稀にアポクリン腺を残してしまうことがあるため、電気をつかい残った組織を焼く方法が併用されることがあります。

切除法は古くから行われている治療法で、腋毛や臭いの元の組織をすべて切り取ってしまう方法です。効果は非常に高いのですが、皮膚を切り取り、縫い付けるので傷口が大きく皮膚のひきつりなど後遺症のリスクが伴います。

剪除法は皮膚を切開して医師が目で確認しながらアポクリン腺を一つずつ取り除いていく方法です。取り残しがなく、切除法に比べて傷口も小さく済みます。医師の技術に大きく左右される方法です。

レーザー・電気は脱毛によるレーザーや電気針の影響により臭いの元を破壊させるといった、2次的な効果として得られることがあります。ボトックス注射は脇の皮膚に注射することで、汗腺や皮脂腺の活動を抑制させてにおいを軽減させる方法です。活動を抑制しているだけなので、ボトックスの効果がなくなると臭いは再発してしまいます。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.