美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

豊胸術(ほうきょうじゅつ)

豊胸術とは人工乳腺や自分の脂肪組織、ヒアルロン酸を注入してバストを大きくすることを目的とした手術の事をいいます。

ヒアルロン酸を注入する方法は、いわゆるメスを使わないプチ整形と呼ばれ一時的な効果を目的としています。一度に使用する量も少ないため、大幅なバストアップを求めるには不向きとされていますし、定期的な注入も必要になります。

シリコンや生理食塩水、ハイドロジェルを用いた人工乳腺を乳房に直接挿入する方法では永久的な効果は高いとされていますが、バッグそのものの耐久年数や破損などもあるため安全性の面で他の二つに比べてリスクが高いとされています。バッグの膜が身体に拒絶反応を起こし、バストが硬くなってしまうおそれがあります。

自分の脂肪組織をバストに注入する方法では、拒絶反応も少なくさわり心地も自然に仕上がります。また人工乳腺に使用されるバッグはX線(レントゲン)写真に写ってしまう事もありますが、脂肪組織やヒアルロン酸の注入ではその心配がありません。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.