美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

目頭切開(めがしらせっかい)

目頭切開とは、最近人気のある整形のひとつです。目が腫れぼったく見える、目が小さいという悩みから目頭を切り取り、目を大きく見せる方法です。また、目が離れている人というケースでも用いられます。

特に日本人などの黄色人種(モンゴロイド系)には蒙古ひだと呼ばれる上まぶたが目頭に重なっている人が多くいます。蒙古ひだがある場合目が小さく見える、目が腫れぼったく見えるという印象を受けるため、蒙古ひだを切り取るという手術が目頭切開になります。

蒙古ひだを取り除くと目頭のピンク色の粘膜が見え、目全体がぱっちりと大きく見え印象がぐっと変わります。また、二重まぶたなどの手術に比べ、整形をしたということがバレにくい手術だといえます。

実際の手術方式にはW法とZ法があり、目頭や皮膚の状況などによってどちらかを選択します。Wの形かZの形に切り込みを入れ縫い付けます。皮膚を縫い付けるため、傷跡が残ってしまう場合があります。また手術方式によっては医師の高い技術力が求められる手術のため、事前のカウンセリングを十分に行い、安心したクリニックで手術を行うことをお勧めします。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.