美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

老化現象(ろうかげんしょう)

老化現象とは、歳をとっていく上で身体に起こる現象のことです。加齢現象とも呼ばれています。

一般的には体力や記憶、全身機能の衰えのことを指しますが、美容整形の中では特に皮膚に起こる現象のことを言います。

年齢を重ねていくと汗腺や皮脂腺の活動が鈍くなり皮膚が乾燥しやすくなります。皮膚の老化の一番の原因は乾燥だと言われています。またそれに伴って皮膚に存在するコラーゲンや水分が不足し弾力が失われしわ、たるみが起こりやすくなります。

全身の新陳代謝も活動が衰え、皮膚の再生機能も低下します。再生機能の低下により、ひふのくすみや黄ばみ、しみが目立つようになってきます。特に女性の場合は、20歳台をピークに肌が衰えていきます。

日常生活によって皮膚の老化現象は左右されやすいものですが、美容整形で行われる治療法としては光機器や高周波によって皮膚の再生機能をよみがえらせる、コラーゲンやヒアルロン酸などの注入で潤いを直接与えるといった方法があります。フェイスリフト術などでしわ・たるみの解消を図ることができます。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.