美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

にきび

にきびは毛穴に皮脂がつまり、炎症を起こしたものを言います。原因は思春期のホルモンバランスの崩れや皮脂の状態、ストレスや日常生活の変化や食生活など様々あるといわれています。

人間の皮膚は炎症が起こっても皮膚の再生機能の働きによって、新しい皮膚が作られ治癒する能力がありますが、身体の中の影響や外的な影響(にきびを潰すなど)によって再生機能が上手く働かず、色素沈着やクレーターと呼ばれるにきびの後を残してしまうことがあります。

特に思春期の男性は男性ホルモンの影響でにきびができやすい状態になります。また大人にきびと呼ばれる成人後に発生するにきびなど、年齢や部位によって様々なにきびがあります。

体にできるにきびにくらべて、顔に出来るにきびは外見上も気になり触ってしまいやすく、また化粧水や洗顔剤の影響から炎症の悪化につながり、痕が残りやすくなってしまいます。にきびの発生初期は皮膚科での治療が思い浮かびますが、美容整形ではにきび、にきび痕の治療を行うことができます。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.