美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

しみ

皮膚が紫外線にあたるとメラニン色素を形成します。

普通はメラニン色素が形成されても、皮膚が再生活動を行い新陳代謝によって新しい皮膚に生まれ変わるのですが、睡眠不足やストレスによる生活の乱れや老化に伴って再生機能がうまく働かないとメラニン色素が皮膚に沈着し、しみ・くすみとなります。そしてそのしみにさらに紫外線が当たることで、色素がより濃くなっていきます。

年齢を重ねることで濃いしみが現れてくるのは、これが原因になります。

たとえ濃いしみにならなくても皮膚がくすんで見えるのは、皮膚の深いところにあるしみが原因になっています。最近良く耳にする肝斑(かんぱん)もしみのひとつですが、ホルモンなどが大きく影響しています。

しみを取る方法としては、医療レーザーの照射やフォトフェイシャルなどの光エネルギー、高周波などを照射する方法やケミカルピーリングなどがあります。ほかにも内服薬やサプリメントなどでも改善することはできますが、レーザーや光・高周波などは即効性が期待できます。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.