美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

自分を責めることから卒業

恋をすることはとても素敵なことですね。叶わなくてもいつまでも恋をしていたいと思います。片思いでも、手の届かない有名人でも・・・誰にでも恋をする権利はあります。そして恋をしたことが無い人なんていないでしょう。

ここではGさんのお話をします。

Gさんは自分の容姿にとても劣等感をもっていた方でした。体型のコンプレックスです。ストレスを感じてしまうと食べずにはいられなく、食べ続ける事で体重が増えてしまい、その容姿にストレスを感じ再び食べてしまう。ダイエットを繰り返しても、意志の弱さから断念してしまいまたそれがストレスになって食べてしまう。

これを繰り返され、気が付いたときには自分ではどうしようも出来なくなってしまいカウンセリングに訪れました。太ってしまった原因は自分の意思の弱さからで、全部自分が悪い。お洒落も恋もしたいのに、自分のせいで太ってしまったのだからしてはいけない。と自分自身を責め、縛り付けてしまったのです。欲しい服があっても、好きな人ができても自分が悪いのだから自分にその権利はないとルールを作ってしまったのです。

そんな自分が嫌だ、自分を変えたいと脂肪吸引術を行う決意をしました。何度かに分けて実施し、術後は見違えるようにスリムになられました。

その後は自分自身を見つめなおし、決して昔の自分にはもどりたくない。キレイなスタイルをキープするように努力したいとポジティブな発言が多く聞かれるようになりました。実際に体型キープのため過食に走らず、ストレス発散の方法を考え、食生活を見直す努力をしたそうです。その後Gさんはご結婚されたそうです。頑張ったご褒美に自分に課していたルールを解いてあげたのでしょう。

人間はだれでも自分に弱い生き物です。そしてその弱さを分かっていながら見てみぬふりしてしまいがちです。Gさんの場合は手術を通して自分の弱さをしっかりと見つめなおし、行動できるようになりました。

過食による問題は美容整形にとどまらず、心理的に問題を抱えている場合が多くあります。一概に美容整形だけをオススメできるものではありませんが、自分を見つめなおすきっかけにもなりうるということです。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.