美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

みんなと同じスタートラインに

腋臭(わきが)に対する差別は今でもあります。しかしそれは日本だけで、白人や黒人では腋臭の人のほうが多く差別を受ける対象とはなりません。

外国で行われている腋臭の手術の目的は汗を抑えるためのものと認識されており、日本のように臭いそのものを消す事を理由には行われません。腋臭は不潔だから臭いがする、と言った誤解から差別を受ける原因になっているのかもしれません。たしかに不潔にしている事で菌が繁殖し一時的に臭いを発するケースもありますが、腋臭は不潔にしているから起こるものではありません。本来の人間としての性質上、縄張り・異性を惹き付けるといったフェロモン的なものとして残ってきたものです。

しかし日本人の間違った理解や、清潔観念・不潔恐怖にから差別を受ける対象とされてきました。確かに強い臭いを不得意とする人もいますし、他人の臭いは時に不快と感じることはあるかもしれません。

腋臭手術を決意されてクリニックにいらしたFさんは、大学生で就職の内定をもらっていたそうです。しかし入社直前になって急に内定が取り消され、納得が行かない事と今後の就職活動に活かしたいためなぜ落ちてしまったのかを会社に確認したところ、理由は腋臭であるということだったそうです。日本でなかったら訴訟問題にも発展かねません。日本の悪い文化によるものですね。

もちろん内定を取り消された事もFさんにはとても大きな問題でしたが、それ以前から腋臭に関して周りに嫌な思いをさせているかもと脅えて生活していたそうです。

一日に何度もシャワーに入り休み時間のたびに制汗スプレーを利用し、周りの目に敏感になりとても生活が窮屈なものだったとそうです。手術を行ったことで就職できない理由がひとつ消え、みんなと同じスタートラインに立てることができた。また清潔に囚われることなく生活ができ周りの目も気にならなくなったと話されていました

腋臭に関しての差別は本当に日本の悪い文化だと思います。そして腋臭であることが、社会生活にとって引け目を感じるマイナス点であってはいけないと思います。しかしFさんにとっては意欲的に就職活動ができ、生活がより過ごしやすく質の良いものになったのであればそれは素敵なことだと思います。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.