美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

良い患者になろう

美容整形を受けるまでの準備について説明してきました。情報を集め、分析して医師やクリニック選びをしてきましたね。それではさらに治療を円滑にする秘訣を教えます。

あなたも良い患者になる努力をしましょう。

もちろん良い医師、良いスタッフなんて大前提の話です。良い医師・良いスタッフ・良いクリニックに出会えたからこそ、あなたも良い患者になって治療を円滑に勧めていきましょう。

あなたはお客様です。満足のいくサービスを受けることは当然の義務です。しかしインフォームドコンセントやセカンドオピニオンの権利があるからといって、わがままを言っていいわけではありません。高飛車に「私はお客様なのよ!」といった態度をとるのではなく、節度を持った態度で関わって欲しいと思います。

私が勤めていたクリニックでもわがままな患者様がいたのも事実です。術後の痛みや腫れ、精神的な不安から日常生活が困難になる場合があります。その際は普段の生活に少しでも近づけるように援助します。しかし度を越えたサービスを要求してくることも決して少なくなりません。便利なお手伝いさんといった態度で私達を物扱いすることもありました。

医師と患者でも、スタッフと患者でも同じです。サービスを受ける側と提供者の立場ではありますが、人間に優劣なんてありませんよね。お互いを尊敬しあい、同じ人としてのコミュニケーションを図っていくことがなによりも大事だと思います。

コミュニケーションをとる上で、お互い嫌な思いはしたくないですね。それはあなたにも言えることですし、私達医師やスタッフにも言えることです。なにか間違った事や、嫌な事をされたのならどんどん言ってかまいません。ただお互いの思いや言葉のキャッチボールがうまくいかないと信頼関係は築くことができません。そのことを大事にしてほしいと思います。良いクリニックであればなおさらのこと、あなたが良い患者様であればあるほど応えてくれるでしょう。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.