美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

バレない整形のコツ

誰にもバレたくない。おそらく美容整形を受ける方の多くがそう思っているのではないでしょうか。なかなかカミングアウトできることではありません。特に日本の美容整形に対する偏見や批判的な部分がそうさせてしまっているのだと思います。

それではバレないコツはないでしょうか?

前にもお話しましたが、人間は相手の顔や体系などを記号化して覚えています。徐々に変化していくもの、例えば徐々に痩せる・太るなどには対応できますが、急激に変化したものに関しては違和感を覚えます。

逆にこのポイントを利用してしまいましょう。急に変わったと認識させるのではなく、徐々に変わったと認識させましょう。

例えば二重まぶたの手術を考えているなら、事前にアイプチを利用するものいいでしょう。また逆さまつげでは治療法として二重まぶたにすることがあります。れっきとした治療法なのです。「逆さまつげがひどくて、このままでは大変だから手術を勧められた・・」と周りにいってみるのもいいでしょう。その後の人間関係を考えるなら嘘もつきようだと思います。

脂肪吸引では徐々に脂肪をとっていく場合もあります。バレない程度に徐々に治療するのも手ですし、みんなの前ではダイエットをしているフリをしておく。豊胸術なら直接裸になってバストを見ないとわかりません。手術をうける前から徐々にパットの量を増やしたり、寄せて谷間をつくっていったりします。周りにはバストアップのマッサージをしている、サプリを飲んでいるなどと言っておきましょう。しわ・しみ取りでも化粧などでごまかせると思います。

手術を行うのも、一度に数箇所変えるよりは何回かに分けたほうが気付かない場合もあります。できる限りバレたくないのであれば、希望を医師に相談してみてください。可能であれば回数を分けるなど、色々な方法を一緒に考えてくれると思います。

女性は化粧の仕方ひとつで印象が変わってきます。また服装なども、大胆にかえてみることで顔のもつイメージや印象がおおきくかわってきます。そのような点も上手に活用してみましょう。

嘘のつき方を教えたようになってしまいましたが・・・(笑)本当に嘘もつきようです。できる限りバレたくないのなら、事前に用意周到に準備を行う事も大切ですよ。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.