美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ダウンタイムをしっかり確保

ダウンタイムとは手術を行った後に回復するまでの期間のことを言います。詳しくは手術や麻酔によっておこる腫れや痛みなどが起こった後、普段通りの生活にもどるまでのことを言います。無理に傷をつけることで身体は異常事態であると判断され、治そうとする力が働きます。これによって傷周辺の腫れが起こります。

メスを使わないプチ整形と呼ばれる、二重まぶたの手術でも糸を使い身体に傷をつけることに変わりはないので腫れがおこります。とくに顔は全身の皮膚に比べてとても敏感で、反応が起こりやすく長引きやすいとされています。二重まぶたのプチ整形でも長くは数ヶ月かかる場合もあります。とくに術後1週間位は誰が見ても違和感を覚えるほど腫れることがあります。

プチ整形でもその位の期間なので、メスを入れる大幅な手術ではさらに腫れが強くなってしまうため、ダウンタイムが伸びていきます。もちろんその人の体調や、状態によって変わってきますが少なからず腫れや痛みによるダウンタイムが必要になってきます。

前日号泣してしまった、寝る前に水分を取りすぎてしまったという理由から翌朝目が腫れてしまった経験はありませんか?まさにその腫れが、二重まぶたのプチ整形のあとに起こる腫れと非常に似ています。

プチ整形などキャッチコピーで【翌日から化粧・外出OK】というのをよく目にしませんか?確かに術後翌日からは化粧も外出もできます。ただし腫れや痛みは必ず起こります。腫れの少ない人は化粧で隠すこともできますが、多くの方は数日間に渡り驚くほど腫れてしまうと思います。確かに一日で済む簡単な手術もありますが、その後のダウンタイムも治療期間であると考えてください。

会社や学校を休む、休暇を利用するのであれば手術を行う日だけが必要ではありません。手術によって外見的に変化した上に、腫れによって違和感が強くおこります。またその腫れが落ち着くまでは、このままなのか?と不安になります。これらの事を踏まえた上で、自分にはどれくらいの期間が必要かを考えてみてください。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.