美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

費用の確認はしっかりと

つぎはお金についてのお話です。

もちろん美容整形に対しての意思決定が一番大変だったと思いますが、次に考えなければいけないのはお金の問題です。そして不安もあると思います。自由診療のため、治療方法やクリニックによっても金額が大きく変わってきます。またその多くが決して安い金額ではありません。

いくら自由診療といっても、手術自体にはある程度適正価格というものがあります。使用する薬剤や機械・医師の技術料といった内容で異なってきます。安価なものでは数千円ですが、高価なものに至っては数百万円もします。美容整形は最大の自己投資といいますが、それを安いと感じるか高いと感じるかは人によって変わってくると思います。出費は痛いけど美容整形をしなければならない・・・という人も多くいるのではないでしょうか。

支払う方法はそれぞれのクリニックでも異なると思いますが、たいていの場合は現金一括クレジットカード医療ローンが適応になります。たとえローンであっても、最終的に支払う額は高額な事には変わりありません。決して焦らず慎重に考えていきましょう。

自分の希望する治療の平均的な金額を調べておきましたね、悪徳なケースでは安い値段の治療が可能であってもより高い治療を勧められることがあります。治療の平均的な金額を知っている事で、自分の予算に見合っているかの判断基準になると思います。

いくら格安のキャンペーンがあったとしても、その後のアフターケアや別途加算されるものもあります。そのキャンペーンの広告だけを見て判断するのではなく、注意書きにきちんと目を通してあらかじめ確認しておきましょう。クリニックのホームページやパンフレットに明記されている金額には、内訳として書かれているところがあります。(薬代カウンセリング代込み)というように詳細に書かれていると思います。その金額にはなにが含まれているのか、追加料金として掛かるものはなにがあるのかをきちんと理解しましょう。

手術によっては○○○円~(から)といった表示をしている場合があると思います。この場合は何㎝ 何gといったサイズや量で値段が変わってきます。書き方の通りあくまで最小のサイズや量で行われる手術ですので、あなたにはどのくらい必要なのかが変わってきます。詳しくはクリニックの無料カウンセリングに質問してみてください。術後入院が必要な場合は入院費が別途かかる場合があります。こちらも金額に含まれている場合もありますし、別途かかる場合もあります。

入院が必要か、どのくらい掛かるのかも事前に様々なクリニックで質問して、比較検討しておいたほうがいいでしょう。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.