美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

苦情と訴訟問題

それでは美容整形での訴訟問題はどうなっているのでしょうか?

悪質なクリニックの乱立による訴訟問題や苦情が大きく取り上げられてきたことで、みなさんのイメージは決して良いものではないと思います。しかし訴訟件数としては年々減少傾向にあり、国民生活センターへの苦情件数も減少しているそうです。

はたして本当にそうなのでしょうか?

実際は違うと思います。もちろん、医療技術の進歩やクリニックの選択によって満足の得られる治療が増えてきているのだと思います。しかし、それだけが訴訟・苦情の減少につながっている訳ではありません。何故かというと、美容整形を受けた方は非常に弱い立場になっていると思います。決して社会的な立場の話ではなく、【整形をして失敗した】という事実を声に出して言うことが出来ない弱い立場であるということです。

何らかのトラブルが生じて、明らかに失敗であっても誰かに相談することができますか?知らない人に実名を公表して、美容整形を失敗しましたと話すことができますか?古くから日本では美容整形は恥ずかしい、隠すことだとされてきていました。そのことで引け目を感じてしまうのではないでしょうか?これは泣き寝入りをせざるを得ない弱い立場の人が多い事に他なりません。

また、実際に訴訟問題に発展する場合でも明らかな医療ミス【医師の不手際で火傷を負う、薬剤の誤使用】以外の場合、たとえば【出来上がりがイメージと違う、時間が経つと元にもどった】などでは勝つことは難しく、門前払いされてしまうケースも十分にありえます。

基本的には医療行為ですので、十分な医師の説明のもと患者が同意して行うのが鉄則です。まして手術の場合は同意書という、「なにがあっても納得して行っています」というような誓約書を書くことになります。これがある以上は、人為的な医療者側のミス以外では厳しいのが現状です。

私の勤めていたクリニックでは、訴訟問題に発展したケースはありませんでしたが苦情はありました。事前にどんなに十分な説明をしていても治療を受ける患者様が納得し、同意していないとそれが苦情の種になってしまいます。

クリニック側と治療を受ける側の信頼関係が成り立っていないと、苦情はいつまでたっても消えません。だからこそ安易な気持ちで行うのではなく、納得に納得を重ねてから行ってほしいことだと思います。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.