美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

年齢詐称・偽名はリスクの元

未成年でも美容整形は基本的にはできます。ただし保護者の同伴や、同意書が必要になってきます。クリニックによって16歳未満や、20歳未満でと異なってきますがそのクリニックの定める年齢未満であれば必ず保護者の同意のもとに行われます。出来る限り保護者が同伴する事が望ましいですが、不可能な場合は同意書を求めます。

しかし、最近ではプチ整形の流行により未成年者でも治療を希望する方が多く、年齢を詐称する・同意書を偽造(本人や他人が書いてしまう)するといったケースが後をたちません。明らかに未成年で同意書も偽造だとわかっていても手術を行っていたようですが、儲けを優先し安易に手術を行った事でトラブルが起きるケースが頻発したため、最近では厳しくなってきています。

クリニックによっては同意書ではなく必ず親の同伴を義務付けているところもあります。また明らかに未成年だとわかる場合は身分証明書を提出してもらいます。同意書だけの場合は直接保護者に電話を掛けて口頭で確認することもあります。

良いクリニックであれば、明らかな偽造・年齢詐称である場合は手術をおこないません。逆に簡単に手術をしてくれるクリニックであるほど、儲け優先の悪質なクリニックです。結果はみえていますね。あなたのことは考えてくれていませんしトラブルのリスクが高いです。

流行っているから、みんなもやっているからという気持ちはよくわかります。ただ後悔してからでは本当に遅いです。沢山の患者様を見てきたからこそはっきりと言えます、そんなに簡単なものではありません。安易な気持ちで来てしまった方ほど、後悔や心の傷を抱えてしまうケースが多いです。親に内緒にしたい気持ちもよくわかります。でも、あなたを生んでくれた親です。まずは相談してみましょう。真剣に悩んでいるのであればこそ、親はきちんと答えてくれると思います。後悔をしてからでは手遅れです。

また、インターネット上でも【偽名や嘘の年齢で手術を受けたい】といった質問をよく目にします。そして中には偽名を使われる方もいるでしょう。誰にもバレたくないという気持ちはよくわかります。ただし術後にトラブルが起こった場合や、予期せぬトラブルが起こってしまった時に契約を結んでいるのは偽名なので契約が無効になってしまい保障をうけることが出来なくなります。術後のトラブルによっては保険が利くケースもあります。その時名前が違う事で再び全額負担になります。

何度もお話していますが、プチ整形でもトラブルは起こります。なにか問題があっては遅いのです。泣き寝入りしても、結局全部自分のせいになってしまいます。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.