美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

本当に整形が必要ですか?

女性にとって美は永遠のテーマですね。いつまでも綺麗で美しくいたいと思う事は当たり前の事だと思います。私も出来る限り歳をとりたくないのが現実です。美容整形技術が進歩することで、簡単に美を手に入れることができるようになりました。しかし、美容整形をする前にもう一度自分に問い詰めてみてください。

本当に整形が必要なのか・・・

理由は様々あると思います。私が働いていたクリニックにいらした患者様でも、その悩みは多岐にわたっていました。小さい頃から容姿に非常に強いコンプレックスを持ち、イジメにあい対人恐怖症になり美容整形を決意してこられた方もいました。

コンプレックスが精神面に影響し、社会生活にまで被害を与えている。このような場合は、たとえ健康保険の利かない自由診療であっても、私は外見も内面も治療できる本当の医療だと思います。容姿の美しさを手に入れたわけではなく、コンプレックスをなくした事によって自信を手に入れたのです。外見上の美しさを得る事で、長年にわたり自分を苦しめてきたコンプレックスから開放され、自信につながる。方程式に当てはめると自信>外見上の美ではないでしょうか?

容姿を変えることで自信を取り戻したいという方には是非おすすめしたいと思います。しかし外見的な美しさだけを求める方には、おすすめできません。リスクが高すぎると思います。

安易な気持ちで美容整形を受ける方ほど、術後の不満が強く残る傾向にあります。それは自信を得たいのではなく、一時的な感情や流行に惑わされているだけだからです。手術によっては失敗しても取り返しのつかないことがあります。もとの顔にもどれる保障はありません。

明らかなデーターとしてはありませんが、術前思っていた容姿に対する不満よりも、術後の失敗やイメージの相違によって起こる不満のほうが強いそうです。安易な気持ちで術後のイメージもつかないまま自分の意思で手術を受け、その結果に不満が残るのであれば、それは自分の責任です。自分の意思決定の元に行ったからです。だからこそ正しい知識をもち、納得した上で行って欲しいと思います。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.