美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

世界の整形事情

それでは日本以外の整形事情はどうなっているのでしょうか?

同じアジア圏であるお隣の韓国では、統計で10人に1人が整形をおこなっているそうです。特に20代の女性では6割以上が整形を行うそうです。化粧をする、ヘアケアをするといった感覚で美容整形を行うそうです。美意識が非常に高く、容姿イコールその人の能力という考えがあり、就職・結婚において外見がよければ有利である。といった理由から美容整形が一般化しているのです。

次にアメリカやヨーロッパ圏でも女性の美意識は非常に高く、若さや見た目の美しさを強く求める傾向があるそうです。しかし韓国とは異なりメスを入れることをあまり好まず、しわ・たるみ取りなどのいわゆるプチ整形が主流になっているそうです。

面白い事に、こちらでは鼻を低くする・胸を小さくするといった手術も多くあるそうです。日本とは真逆の手術理由ですね。これを聞いて、人間ってないものねだりの生き物だなと思ってしまいました。

『親からもらった大事な体にメスをいれるなんて・・・』といった考えが、日本では古くから伝わり美容整形は社会的批判をうけ、否定的な考えが根強く残っていると思います。そのことから、日本では美容整形を行う事は【恥ずかしい隠し事】とされてきました。

以前はピアスの穴を開けることさえ批判されていた国でしたが、現在はピアスの穴を開けることは当たり前になってきていますね。そのような美意識に対する変容は、近年若い女性を中心に際立って高まってきているといえます。日本も整形大国になる日はそう遠くはないかもしれません。

ただし、注意していただきたいのは『流行っているから』『安いから』といった安易な気持ちで美容整形を行ってほしくはないのです。確かに美容整形を実際におこなった患者様の話をきくと、それだけで人生が好転したという方も数多くいらっしゃいます。その反面、美容整形をしなければよかった・・・失敗した・・・という方もいらっしゃるのが現実です。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.