美容整形

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

美容外科と形成外科の違い

また美容外科とよく似ており、間違えやすいものに『形成外科』があります。形成外科も美容外科も同じく外見上の部位を治療するのですが、機能的な異常があるか・ないかによって分けられます。

形成外科の多くは外見上機能的に問題があり、治療を行うので健康保険の適応になります。文章でお伝えするのは難しいので、簡単な例をあげて説明してみましょう。例えば、同じ二重まぶたの手術でも

A一重まぶたにコンプレックスがあり、手術をおこなった
B逆さまつげにより、眼球が傷つき手術をおこなった

この場合Aは機能的に問題がない健康な部位の治療を行ったので『美容外科』になります。費用は全額自己負担です。またBは眼球が傷つき、炎症を起こすおそれがあるため治療を行ったので『形成外科』になります。健康保険の適応になります。

もう一つ例をあげてみましょう。次は豊胸術についてです

A胸が小さいことが悩みで豊胸術をおこなった
B悪性腫瘍により乳房を切除したため、乳房再建術を行った

この場合もさきほどと同じ、Aは機能的な問題がなかったため『美容外科』になります。費用は全額自己負担です。Bは、病気により外見的な問題が生じたため治療をおこなったので『形成外科』になります。こちらは健康保険が適応になります。わかりましたでしょうか?

一見同じような治療に見えますが、治療を行った背景によって診察分野が変わってきます。また健康保険の適応・不適応によって、自己負担する金額もかわってきます。

「胸が小さい」「目が小さい」「顔が大きい」

誰でもみな、外見上における身体的なコンプレックスをひとつ必ずは持っていると思います。しかしその悩みは本人にしか解らないもので、場合によってはその後の人生に大きく関わってくることもあると思います。そこで治療を行い外見的なコンプレックスを排除し、患者様の今後の生活の質を向上させようということが『美容外科』なのです


わかりましたでしょうか?以上が美容外科についてのお話でした。正式名称は『美容外科』ですが、ここからはみなさんが聞き、慣れ親しんでいる美容整形という言葉を使ってお話していきます。

スポンサード リンク
?美容整形コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.